Beyond The Beyond - 向こう側のそのまた向こうへ

限界も経験も過去のもの、新しい発想と行動力で先端のさらに先に…
今までの常識に未来はない、そう、目指すところに道などないのだから…

「農業でもない、工業でもない、新しい産業を創造する」

私たちは流通から全てを見なおした、新しい農業形態を創り上げます。
「農業」という枠にとらわれない、新しい生産・流通ラインを構築し、安心・安全で新鮮な供給体制を、植物工場で構築します。

いちごカンパニーは、『革新的な栽培技術で世界を満たす』企業を目指しています。
農業経験がなくとも栽培管理ができる生産体制を創り上げると共に、街の中に溢れる有効活用されていないスペースを活用し、そこを植物工場に変え、消費者の近くで新鮮なものを生産供給することを実現します。

新しい「農」と「食」の流通をつくります。

今までの農業は地方で収穫した農産物を、消費地(都市部)まで運んでいました。
そこにはたくさんの流通の無駄があり、鮮度が落ちる事も避けられませんでした。
私たちが目指す新しい「農」と「食」の流通は、地方で苗などを生産し、それを都市部で 育て収穫し、消費するというあたらしいカタチ。地方と都市部が互いに共存しながら、相互扶助という考えのもと、今までかかっていた流通のコストや時間を劇的に削減し、食料問題や農業の人手不足の問題などを解決し、安心・安全の食の未来を築きます。

LEDを利用した完全閉鎖型植物工場で一年中高品質な
イチゴを『いつでも、どこでも、だれでも』生産できる世界初、世界唯一のシステムです。

Feature 01

スケールフリーで、どこでも栽培可能

室内(高さ3m以内)に5段の栽培棚で、空間を立体的に利用することで狭い面積でも高効率な栽培が可能です。空きコンビニやビルの空きフロアなどを有効に活用することができます。もちろん大きなスペースでも対応可能なので、倉庫などの活用にも最適化させることができます。

Feature 02

クラウドコントロールにより、誰でも栽培可能

短期間の研修を受けるだけで、基本的に誰でも栽培管理できることを実現しました。
「いつでも、どこでも、だれでも」と言うコンセプトで開発を行っていますので、砂漠の真ん中でも、北極圏でも同じ品質のものを栽培することが可能となっています。石油などの化石燃料を使った加温を必要としないシステムで、エコな栽培を実現しています。

Feature 03

リスクコントロール・高収益システム

完全閉鎖型植物工場は天候に左右されず、近年多発する異常気象などによる損害リスクもありません。ハチを使った受粉システムなので労力も少なく少人数で栽培可能。またグラム単価が最も高い果物といわれるイチゴを高い品質で安定的に通年栽培できるので高収益が見込めます。

Feature 04

いちごカンパニー専用オリジナルLEDシステム

低電力・高輝度・低発熱で、植物の育成に特化した光のスペクトルを発揮するLEDで、2年余りに及ぶイチゴ栽培の実証データを基に、専用設計を行い、日本国内で組立生産しました。

Feature 05

世界初、化学農薬を使用せず、
そのまま食べられるイチゴを実現

いちごの風味を一番美味しく味わえるのは、常温で洗わずに食べる方法です。それを実現する為に栽培方法から見直し、構築しました。
従来のハウス栽培のイチゴは多量の農薬が必要でしたが、閉鎖型植物工場で病害虫の発生をコントロール下に置くことにより、世界で初めて化学農薬を使用せず、そのまま食べられるイチゴ栽培システムの開発に成功しました。


システム販売についてのご質問・お問い合わせ

メールを送る

いちごカンパニー株式会社

いちごカンパニーは、閉鎖型植物工場の開発、運営ノウハウを基にしたコンサルティング業務を行っています。
様々な栽培に関するトータルソリューションを構築させていただきます。

会社概要

設立  |2013年5月
所在地 |〒959-2826 新潟県胎内市鼓岡818-1
資本金 |5,000万円
主要株主|小野組
社員数 |9名

役員

代表取締役社長|小野 達也
取締役副社長|松田 祐樹
取締役|阿部 豊
取締役|五十嵐 松一
取締役|菅澤 信夫
取締役|中村 浩之

事業内容

いちご栽培ユニット開発・販売
いちご栽培・販売
農業コンサルティング
オリジナル植物栽培用LEDの販売及び、コンサルティング